2010.11.28
最近、女性の間で アウトドア (山) ファッションが流行っていますが、
ファッションではなく、ちゃんと登山をする人には、オールシーズン使える
パタゴニアのミッドレイヤー、 R2 がオススメです。

2006_r2w_01.jpg
Women's R2 Jacket ss2005

これは、彼女がアウトドアで愛用している、2005年モデル の R2 です。
そういえば、山ファッションは流行っていても、R2 を着ている人は、ほとんど
見たことないかも…(?)

 
 
歴代の R2 の中では、このモデルは、 “4代目” に当たります。
それまでの 滑らかな長い毛足から、粗い毛足に変更された時のモデルです

2006_r2w_02.jpg
サイズXS

この年代の R2 をずっと愛用している理由は、最近のものに比べると 同じサイズ
でも “作りが小さめ” だから。

パタゴニアは、USAサイズなので、選ぶときは ワンサイズダウンが基本ですが、
小柄な女性や、スリムな女性だと、XSでも大きい場合があるのです。

2006_r2w_03.jpg
チンフラップ

しかし、この頃に発売された製品は、全体的に作りが小さめ のものが多く、
小柄な彼女には、この R2 はジャストサイズ。 ある意味、貴重なモデルです。

フロントジッパーが顎に当たる部分には、チンフラップ付き。

2006_r2w_04.jpg
襟裏

襟裏には、吸湿発散性に優れた、ワッフル構造の R1 素材を使用。

ちなみに―
今期、2010年秋冬モデルの 新型ウイメンズ R2(R3) は、XSサイズでも
かなり 作りが大きめで、全くサイズが合わず購入を断念しました…(涙)
(XSでも、この当時のSサイズより大きいです)

2006_r2w_05.jpg
フロントジッパー

前年(2003年)のモデルから、ずいぶんと小型化されたフロントジッパー。
R2 は、冬用のアウターではないので、デザイン的にもこの位の大きさが
丁度いいかな。

2006_r2w_06.jpg
カラー : radar blue heather (560)

綺麗な水色の混合(ヘザー)。 個人的には、単色よりもこの方が好きですね。
(ヘザーのフリースが使われるのは、この年代あたりまで)

チェストポケットの形がカッコイイ。

2006_r2w_07.jpg
チェストポケット

チェストポケットには、やはり前モデルよりもかなりコンパクトになった
ジッパータブが付きます。(ハンドウォーマーポケットのタブも同じ)

ジッパー周りに、ナイロンの補強が付いたのも、この年代から。

2006_r2w_08.jpg
ウエスト両サイドにハンドウォーマー・ポケット

フリース生地は、3Dグリッド・テクスチャー。
3Dグリッド・テクスチャーというのは、立体的格子織り…といったところでしょうか。
よく見ると、毛足の部分は格子状になっています。

2006_r2w_09.jpg
ハンドウォーマーポケット

裏地がメッシュになっていて、開ける事でベンチレーションとしての効果もあります。
ここも、ジッパー周りにナイロンの補強が付きますよ。

2006_r2w_10.jpg
立体形状のセントー・カフスの袖口

セントー・カフスというのは、袖口が斜めにカットされていて、手の甲まで
覆うようなデザインの事。 これは、ウイメンズのみの仕様です。 

女性に優しい作りですね ^ ^

2006_r2w_11.jpg
[R]マークの刺繍

左袖には、レギュレーター製品を表す [R]マークの刺繍入ります。

2006_r2w_12.jpg
ウエストのデザイン

シェイプされたウエストのラインと、長めの背中、何枚ものパネルを繋ぎ合せた、
立体的なデザインは、まさに テクニカルウエア といった感じ。

2006_r2w_13.jpg
patagoniaロゴ

貼り付けタグではなく、patagonia の文字を直接刺繍したロゴマーク。
ウイメンズは、このロゴが裾口に付きます。(メンズは胸)

2006_r2w_14.jpg
POLATEC

左前身頃の内側に付くポーラテックのタグ。
R2(ポーラテック・サーマル・プロ) と R1(ポーラテック・パワー・ドライ) 、
素材の境界線がよく分かりますね。

2006_r2w_15.jpg
背中

背中中央寄りに、大きく回り込んだ R1 ストレッチパネル。
動きやすさを重視したデザインだということが分かります。




2004年から変革期に入った R2 ジャケット―

デザインの大幅な変更は、ユーザーの間では賛否両論ありました。

2006_r2w_16.jpg
spring 2005 カタログ

その変更後の 最初のモデルとなる、この 4代目(2004年~2005年) R2 は、
前モデルに比べ、あまり人気が出なかったように思います。

個人的にも、前モデルの 細部までこだわりが感じられる作りに比べ、
かなり簡素化した (ように見える) この年の メンズのデザイン は、
あまり好みではありませんでした。

2006_r2w_17.jpg
spring 2005 カタログ

が―

ウイメンズは別です。


全体的に、メンズよりもデザインがカッコイイ!
前モデルの面影もあり、スポーティで良いデザインだと思います。

この 4代目の R2 は、毛足が短い訳ではありません。
ヘザー (混合) カラーと、格子織り (3Dグリッド・テクスチャー) のせいで、
目が粗く見えるだけ。

触った感触もフンワリしていて、前モデルと変わらないんです。
(ちなみに、ウイメンズはフリースがメンズよりも 0.5オンス多い!)

メンズも同じデザインだったら買っていたかも…。

(この後、R2 は長短入り混じった目の粗い (スカスカ感のある) 毛足に…)



2010年―
昔にのような滑らかな毛足を取り戻し、さらに進化した R2 。

でも、残念なことに、全体的に作りが大きいんです…(涙)
この当時のサイズ感で作って欲しかった!

(今度ストアに行った時にリクエストします!)
 
 
 
Secret